二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

実力か人気か スポーツと芸能で対照的な“絶対王者”の条件

公開日:

 数々の感動を生み国民を熱狂させた平昌五輪。日本は13のメダルを獲得。メダリストの顔はメダル以上に輝きを増していた。人気も羽生結弦を筆頭にヒートアップ。なかでも初の銅メダルに輝いたカーリング女子の注目度は増すばかり。

 流行語大賞確実といわれる「そだねー」と飾らない北海道なまりとアイドル並みのこぼれる笑顔が最大の魅力。「癒やし系アスリート」とも呼ばれ、帰国後の番組出演頻度は一番。今後も「テレビ、CMから引っ張りだこになるのは確実」といわれている。こうした人気も苦労と努力を積み重ね、実力をつけてメダルを獲得した結晶である。スポーツ選手は実力を認められて人気が出る世界。

 それは芸能界にも当てはまる。先日、大杉漣さん(享年66)と左とん平さん(享年80)が相次ぎ亡くなった。2人とも「名脇役」と呼ばれていた。オーディションを受け不合格になるなど、多くの挫折を味わった苦労人でもある。映画関係者の話。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る