二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

実力か人気か スポーツと芸能で対照的な“絶対王者”の条件

公開日:

 数々の感動を生み国民を熱狂させた平昌五輪。日本は13のメダルを獲得。メダリストの顔はメダル以上に輝きを増していた。人気も羽生結弦を筆頭にヒートアップ。なかでも初の銅メダルに輝いたカーリング女子の注目度は増すばかり。

 流行語大賞確実といわれる「そだねー」と飾らない北海道なまりとアイドル並みのこぼれる笑顔が最大の魅力。「癒やし系アスリート」とも呼ばれ、帰国後の番組出演頻度は一番。今後も「テレビ、CMから引っ張りだこになるのは確実」といわれている。こうした人気も苦労と努力を積み重ね、実力をつけてメダルを獲得した結晶である。スポーツ選手は実力を認められて人気が出る世界。

 それは芸能界にも当てはまる。先日、大杉漣さん(享年66)と左とん平さん(享年80)が相次ぎ亡くなった。2人とも「名脇役」と呼ばれていた。オーディションを受け不合格になるなど、多くの挫折を味わった苦労人でもある。映画関係者の話。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

もっと見る