桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

報道に辟易 なんでもハラスメントのおかしな世の中を憂う

公開日: 更新日:

 23日の「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)で「様々なハラスメントを学んでおきたい件」という興味深いテーマをやっていた。“ハラスメント界”でもメジャーなのは福田財務次官のセクハラやレスリング栄監督のパワハラだが、番組で紹介したのは、たとえば“ブラッドタイプハラスメント”。血液型で人格や性格を決めつけるハラスメントのこと。私もB型というだけで何度も嘲笑の対象になったが、会話が弾むならと気にしなかった。今なら「ブラハラです」と抗議できるようだ。

 番組では自分勝手にエアコンの温度を調節、周囲の人の体調を崩させるハラスメントの“エアハラ”を取り上げ、カラオケ店で働く女性が「お釣りを500円玉でくれハラスメント」を訴えていた。600円の支払いに1100円出して500円玉でお釣りをもらおうとする人にイライラするというもので、彼女はそんな客にはわざと100円玉5枚を渡すと主張。どっちが嫌がらせなのか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る