桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

報道に辟易 なんでもハラスメントのおかしな世の中を憂う

公開日:

 23日の「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)で「様々なハラスメントを学んでおきたい件」という興味深いテーマをやっていた。“ハラスメント界”でもメジャーなのは福田財務次官のセクハラやレスリング栄監督のパワハラだが、番組で紹介したのは、たとえば“ブラッドタイプハラスメント”。血液型で人格や性格を決めつけるハラスメントのこと。私もB型というだけで何度も嘲笑の対象になったが、会話が弾むならと気にしなかった。今なら「ブラハラです」と抗議できるようだ。

 番組では自分勝手にエアコンの温度を調節、周囲の人の体調を崩させるハラスメントの“エアハラ”を取り上げ、カラオケ店で働く女性が「お釣りを500円玉でくれハラスメント」を訴えていた。600円の支払いに1100円出して500円玉でお釣りをもらおうとする人にイライラするというもので、彼女はそんな客にはわざと100円玉5枚を渡すと主張。どっちが嫌がらせなのか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る