桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

報道に辟易 なんでもハラスメントのおかしな世の中を憂う

公開日: 更新日:

 それから“デブは座らず立ってろよハラスメント”“なにがなんでも席譲らないぞハラスメント”等々、ハラスメントは実に悩ましい。そうでなくても粗忽者の私、気づかないうちにハラスメントをしてしまうのではと考え出したら、人とのコミュニケーションがますます怖くなってきた。さらに展開すれば、メディアがつくり出した“ハラスメント・ハラスメント”と言うこともでき、ハラスメント報道の行き過ぎにもご用心。結局、善良なオッサンはただただ萎縮し、怯える日々を過ごし、セクハラ常習おやじは反省する気配なし。

 そもそもコンプライアンスに厳しいはずの財務省、官公庁をもってしてあの程度のレベルなのだから、巷のオッサンのセクハラ意識など高田純次や梅沢富美男並みに低いのでは。

 軽いセクハラはコミュニケーションの潤滑油くらいに思っているのが大半。それを笑って受け流し、母性と包容力を前面に押し出す女性もいて、大上段からの物言いは気恥ずかしいと思う人もいるはず。カトリーヌ・ドヌーブのように、セクハラなどの性暴力を告発するムーブメントは行き過ぎと発言する女性だっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  5. 5

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  6. 6

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  7. 7

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  8. 8

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  9. 9

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  10. 10

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

もっと見る