• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

標的は「西郷どん」か 池上彰“現代史番組”のお手並み拝見

「日曜ゴールデンの池上ワールド 池上彰の現代史を歩く」(テレビ東京系)が日曜ゴールデンに登場。8日の初回は「北朝鮮問題はなぜ起こったのか? 朝鮮戦争はまだ終わっていない!」と題した3.5時間の特番だった。出演は池上彰ほか助手に相内優香アナ、一緒に現代史を歩く“旅人”に宮崎美子と小島瑠璃子、元NHKの宮本隆治。

 宮本と池上はNHK時代の同期で、まずはその2人が「1968年日本現代史の現場」を歩くということで池上が青春を過ごした神田神保町へ。

 55年創業の喫茶店「さぼうる」で、お互いの初対面での印象や思い出話を語り合った後、古書店やレコードショップを歩き当時に思いを馳せる。

「学生運動」について池上はコメントを差し控えるといい、宮本は体育会系だったので学校を守る側でバリケードを撤去したことがあると告白。おじさん2人の思い出話は興味深いものだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る