桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

標的は「西郷どん」か 池上彰“現代史番組”のお手並み拝見

公開日: 更新日:

「日曜ゴールデンの池上ワールド 池上彰の現代史を歩く」(テレビ東京系)が日曜ゴールデンに登場。8日の初回は「北朝鮮問題はなぜ起こったのか? 朝鮮戦争はまだ終わっていない!」と題した3.5時間の特番だった。出演は池上彰ほか助手に相内優香アナ、一緒に現代史を歩く“旅人”に宮崎美子小島瑠璃子、元NHKの宮本隆治。

 宮本と池上はNHK時代の同期で、まずはその2人が「1968年日本現代史の現場」を歩くということで池上が青春を過ごした神田神保町へ。

 55年創業の喫茶店「さぼうる」で、お互いの初対面での印象や思い出話を語り合った後、古書店やレコードショップを歩き当時に思いを馳せる。

「学生運動」について池上はコメントを差し控えるといい、宮本は体育会系だったので学校を守る側でバリケードを撤去したことがあると告白。おじさん2人の思い出話は興味深いものだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  3. 3

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  4. 4

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  5. 5

    2人は前世で親友だった?1枚の食事の写真に全米がホッコリ

  6. 6

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  7. 7

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

  8. 8

    五輪優先に選手特権…コロナ敗戦は例を見ない深刻なものに

  9. 9

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  10. 10

    在印邦人1万人を政府見殺し 臨時便の空席は帰国困難の証し

もっと見る