• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

Amazon配信から映画化「仮面ライダーアマゾンズ」の勝因

 日曜朝9時に放送されている青少年向けの仮面ライダーと“同じ”と思ったら大間違いだ。公開中の「仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判」(東映製作・配給)は、2016年からAmazonプライム・ビデオで2シリーズ配信され、人気を博し映画化された。アマゾンつながりのダジャレから生まれた企画。平成仮面ライダーシリーズの礎を築き、その世界観を知り尽くした石田秀範監督(55)だからこそ成立した「アマゾンズ」の舞台裏を聞いた。

「ネット配信版を手がけるにあたり、難しさやつらさを感じたことは一瞬たりともありません。とにかく面白いものを作れば、後は何をやってもいい。昨今のテレビはコンプライアンス重視で、テーマもビジュアルも安心安全が最優先に求められます。視聴者が嫌悪を抱く描写は排除する。そういうテレビの規制をクリアにするのはとても難しいのですが、ネットは不道徳も不健全も許容してくれる。この世界に三十数年いますが、跳び上がるほどうれしかった。最も充実した仕事でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る