小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

タレント深沢邦之 力の入る解説するも締め方が物足りない

公開日:

診断結果は…【可】

 明大在学中に萩本欽一主宰のコメディアン養成塾に入り、お笑いコンビTake2でデビューした深沢邦之。レギュラーはTBS系日曜13時「噂の!東京マガジン」。

 20日、深沢は「ウワサの現場」コーナーのリポーターを務めた。テーマは20年に予定される羽田発着枠増大に伴う都心上空を飛ぶ新飛行ルートについて。この話題は一昨年、昨年も深沢が担当した。渋谷―大井町―京浜島を飛ぶ「西ルート」では大井町を東京タワーより低い高さ300メートルで飛ぶ。新宿区―白金タワーの「東ルート」では明治神宮がはっきり見える。

 12年以降、胴体パネルやアンテナの落下物事故が21件あったとのデータが示され、白金地区の町会長は「住民のことはまったく考えていない」と怒り心頭。15時から18時の間に42機が飛ぶことになる「西ルート」の住民も危機感を募らせる。

「みなさん怒っています。訴訟を起こして国が(発着枠を増やさないと)約束したから、訴訟を取り下げたわけですから。国は将来のことまで約束したわけではないと言っていますが」と深沢の解説に力が入る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る