涙が止まらず…松村雄基が明かすスクールウォーズ撮影秘話

公開日:

 ドラマ、ミュージカル、時代劇、さらに歌手と幅広いジャンルで活躍中の松村雄基さん(54)。出世作のひとつは今もコアなファンが多い学園ドラマ「スクール☆ウォーズ」だ。

 ◇  ◇  ◇

「もうそんなに泣かなくてもいいから」

「スクール☆ウォーズ」(84~85年、TBS系)の撮影初日でした。僕は不良高校生の大木大助を演じながら、大木の心情に同化してしまって、役柄としての自分の不甲斐なさ、悔しさ、滝沢先生の愛情の深さに感極まって涙があふれ、おえつが止まらなくなったんです。

 困り果てたスタッフがこう声をかけてくれたものの、涙は止まる気配が全然ありません。だんだん目が腫れ上がり、夕方まで赤いまんまでした。

「スクール☆ウォーズ」のサブタイトルは「泣き虫先生の7年戦争」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る