涙が止まらず…松村雄基が明かすスクールウォーズ撮影秘話

公開日: 更新日:

 ドラマ、ミュージカル、時代劇、さらに歌手と幅広いジャンルで活躍中の松村雄基さん(54)。出世作のひとつは今もコアなファンが多い学園ドラマ「スクール☆ウォーズ」だ。

 ◇  ◇  ◇

「もうそんなに泣かなくてもいいから」

「スクール☆ウォーズ」(84~85年、TBS系)の撮影初日でした。僕は不良高校生の大木大助を演じながら、大木の心情に同化してしまって、役柄としての自分の不甲斐なさ、悔しさ、滝沢先生の愛情の深さに感極まって涙があふれ、おえつが止まらなくなったんです。

 困り果てたスタッフがこう声をかけてくれたものの、涙は止まる気配が全然ありません。だんだん目が腫れ上がり、夕方まで赤いまんまでした。

「スクール☆ウォーズ」のサブタイトルは「泣き虫先生の7年戦争」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  6. 6

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る