涙が止まらず…松村雄基が明かすスクールウォーズ撮影秘話

公開日: 更新日:

 ドラマ、ミュージカル、時代劇、さらに歌手と幅広いジャンルで活躍中の松村雄基さん(54)。出世作のひとつは今もコアなファンが多い学園ドラマ「スクール☆ウォーズ」だ。

 ◇  ◇  ◇

「もうそんなに泣かなくてもいいから」

「スクール☆ウォーズ」(84~85年、TBS系)の撮影初日でした。僕は不良高校生の大木大助を演じながら、大木の心情に同化してしまって、役柄としての自分の不甲斐なさ、悔しさ、滝沢先生の愛情の深さに感極まって涙があふれ、おえつが止まらなくなったんです。

 困り果てたスタッフがこう声をかけてくれたものの、涙は止まる気配が全然ありません。だんだん目が腫れ上がり、夕方まで赤いまんまでした。

「スクール☆ウォーズ」のサブタイトルは「泣き虫先生の7年戦争」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  8. 8

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る