レイザーラモンRG出渕誠さん<5>やっと会社員生活を語れる

公開日:

 自身を「不器用なタイプ」と語るRGさん。大学卒業後、芸人の夢を持ちながら就職を選んだのも親を喜ばせたいからで、内定先の大阪トヨタ自動車にも気を使っていたと振り返る。

「八方美人な性格は、小学校4年生の時の急な転校が原因。とにかく周囲に馴染もうと思って“培った”ものです。自分がやったことでみんなに喜んでもらいたい。お笑いはやる運命だったのかなと思います」

 芸歴21年のキャリアを持つが、浮き沈みは激しく苦労人だ。

 2009年、参加していたプロレス団体「ハッスル」が資金難で興行中止後、大きな転機を迎えた。

「当時の吉本の給与は7万円くらいでしたが、今さらバイトもできないと思って、むちゃくちゃ若手のイベントやオーディションに出て、そのうちに“あるあるネタ”ができたのです。僕は、ケンドーコバヤシさんに憧れてお笑いを目指してましたけど、仕事がない中でコバヤシさんがいつもラジオに呼んでくれて『あるある歌え』ってむちゃぶりしてくれた。それがブレークにつながりました。“あるある”関係の仕事量は、過去の10年分と匹敵しますね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る