• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

レイザーラモンRG出渕誠さん<5>やっと会社員生活を語れる

 自身を「不器用なタイプ」と語るRGさん。大学卒業後、芸人の夢を持ちながら就職を選んだのも親を喜ばせたいからで、内定先の大阪トヨタ自動車にも気を使っていたと振り返る。

「八方美人な性格は、小学校4年生の時の急な転校が原因。とにかく周囲に馴染もうと思って“培った”ものです。自分がやったことでみんなに喜んでもらいたい。お笑いはやる運命だったのかなと思います」

 芸歴21年のキャリアを持つが、浮き沈みは激しく苦労人だ。

 2009年、参加していたプロレス団体「ハッスル」が資金難で興行中止後、大きな転機を迎えた。

「当時の吉本の給与は7万円くらいでしたが、今さらバイトもできないと思って、むちゃくちゃ若手のイベントやオーディションに出て、そのうちに“あるあるネタ”ができたのです。僕は、ケンドーコバヤシさんに憧れてお笑いを目指してましたけど、仕事がない中でコバヤシさんがいつもラジオに呼んでくれて『あるある歌え』ってむちゃぶりしてくれた。それがブレークにつながりました。“あるある”関係の仕事量は、過去の10年分と匹敵しますね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る