レイザーラモンRG出渕誠さん<5>やっと会社員生活を語れる

公開日:

 自身を「不器用なタイプ」と語るRGさん。大学卒業後、芸人の夢を持ちながら就職を選んだのも親を喜ばせたいからで、内定先の大阪トヨタ自動車にも気を使っていたと振り返る。

「八方美人な性格は、小学校4年生の時の急な転校が原因。とにかく周囲に馴染もうと思って“培った”ものです。自分がやったことでみんなに喜んでもらいたい。お笑いはやる運命だったのかなと思います」

 芸歴21年のキャリアを持つが、浮き沈みは激しく苦労人だ。

 2009年、参加していたプロレス団体「ハッスル」が資金難で興行中止後、大きな転機を迎えた。

「当時の吉本の給与は7万円くらいでしたが、今さらバイトもできないと思って、むちゃくちゃ若手のイベントやオーディションに出て、そのうちに“あるあるネタ”ができたのです。僕は、ケンドーコバヤシさんに憧れてお笑いを目指してましたけど、仕事がない中でコバヤシさんがいつもラジオに呼んでくれて『あるある歌え』ってむちゃぶりしてくれた。それがブレークにつながりました。“あるある”関係の仕事量は、過去の10年分と匹敵しますね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る