• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

レイザーラモンRG出渕誠さん<5>やっと会社員生活を語れる

 自身を「不器用なタイプ」と語るRGさん。大学卒業後、芸人の夢を持ちながら就職を選んだのも親を喜ばせたいからで、内定先の大阪トヨタ自動車にも気を使っていたと振り返る。

「八方美人な性格は、小学校4年生の時の急な転校が原因。とにかく周囲に馴染もうと思って“培った”ものです。自分がやったことでみんなに喜んでもらいたい。お笑いはやる運命だったのかなと思います」

 芸歴21年のキャリアを持つが、浮き沈みは激しく苦労人だ。

 2009年、参加していたプロレス団体「ハッスル」が資金難で興行中止後、大きな転機を迎えた。

「当時の吉本の給与は7万円くらいでしたが、今さらバイトもできないと思って、むちゃくちゃ若手のイベントやオーディションに出て、そのうちに“あるあるネタ”ができたのです。僕は、ケンドーコバヤシさんに憧れてお笑いを目指してましたけど、仕事がない中でコバヤシさんがいつもラジオに呼んでくれて『あるある歌え』ってむちゃぶりしてくれた。それがブレークにつながりました。“あるある”関係の仕事量は、過去の10年分と匹敵しますね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る