杉咲花ファンは“じっくり派”?ドラマ視聴率で大幅逆転現象

公開日:

 ビデオリサーチが18日、4月クール(4月2日~7月1日)のタイムシフト視聴率上位30番組を発表。タイムシフト視聴率とは放送後7日以内に視聴された数字を指すもので、録画視聴のひとつの目安となるデータである。

 その30番組のうち23番組がドラマという圧倒的占拠率のなか、トップに輝いたのは日曜劇場「ブラックペアン」第2話と最終回の11.6%。だが、注目すべきはほかにある。同ドラマを含む大多数がおなじみの視聴率よりタイムシフト視聴率の方が低いなか、3位の「花のち晴れ~花男Next Season~」第10話だけは、大幅な逆転現象が起きていたのだ。視聴率5.2%に対し、タイムシフト視聴率は3.4ポイント増の8.6%。いまどきドラマは録画視聴が“当たり前”だが、ここまで差が出るとは……。

 “花のち晴れ”は、ヒロインの杉咲花(20)を巡る三角関係を描いた学園恋愛モノだった。全話平均視聴率は8%台とやや物足りない結果に終わったが、どうやら、ゆっくりじっくりとお姫さま気分に浸りたい視聴者が多かったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る