杉咲花ファンは“じっくり派”?ドラマ視聴率で大幅逆転現象

公開日: 更新日:

 ビデオリサーチが18日、4月クール(4月2日~7月1日)のタイムシフト視聴率上位30番組を発表。タイムシフト視聴率とは放送後7日以内に視聴された数字を指すもので、録画視聴のひとつの目安となるデータである。

 その30番組のうち23番組がドラマという圧倒的占拠率のなか、トップに輝いたのは日曜劇場「ブラックペアン」第2話と最終回の11.6%。だが、注目すべきはほかにある。同ドラマを含む大多数がおなじみの視聴率よりタイムシフト視聴率の方が低いなか、3位の「花のち晴れ~花男Next Season~」第10話だけは、大幅な逆転現象が起きていたのだ。視聴率5.2%に対し、タイムシフト視聴率は3.4ポイント増の8.6%。いまどきドラマは録画視聴が“当たり前”だが、ここまで差が出るとは……。

 “花のち晴れ”は、ヒロインの杉咲花(20)を巡る三角関係を描いた学園恋愛モノだった。全話平均視聴率は8%台とやや物足りない結果に終わったが、どうやら、ゆっくりじっくりとお姫さま気分に浸りたい視聴者が多かったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    病床の堀江しのぶを守るため“天敵”梨元勝にメディア対応依頼

  10. 10

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

もっと見る