• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

子ども健全育成大使に任命 酒井法子は過去を断ち切れるか

 酒井法子(47)が公益法人「B&G財団」の初代「子ども健全育成大使」に選ばれて話題になっている。

 同財団はプールや体育館などを自治体に寄付し、子どもの自然体験活動などを応援してきた。こうした考え方や活動を外部にPRするため「子ども健全育成大使」を新設し、酒井を抜擢したわけだ。昨年から「砂ASOBeach」というイベントを実施しており、酒井は8月14日に静岡県牧之原市で開かれるイベントで大使デビューを果たす。

 酒井は2009年に夫とともに覚醒剤取締法違反で逮捕され、懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けた。そのため18日の就任式で酒井は「たくさんの方に迷惑をかけた。まっさらな気持ちになって社会の役に立ちたい」と気持ちを語った。同財団は大使起用の理由をこう説明する。

「5月に酒井さんがスポーツ紙で『やり直したい』というような発言をしているのを拝見しました。当財団の趣旨は子どもたちに失敗を恐れず挑戦してもらうこと。酒井さんは見事に立ち直り、再び挑戦なさっているので大使をお願いしました。交通費や衣装代、メーク代は出しますが、謝金はありません」(企画部広報課の担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る