シドニー五輪競泳銅 源純夏さんは故郷でライフセーバーに

公開日:

 日本女子競泳陣が活躍した2000年のシドニー五輪。中でも女子400メートルメドレーリレーでの銅メダル獲得は、日本初の快挙だった。本日登場の源純夏さんはアンカーの自由形で出場し、大いに注目された。あれから18年、今どうしているのか?

 徳島県徳島市郊外の小松海岸。源さんは黄色地にオレンジで「SURF PATROL」と書かれた、日本ライフセービング協会のユニホーム姿で現れた。

「6年前、生まれ故郷の徳島で『徳島ライフセービングクラブ(LSC)』を立ち上げ、私が代表をしています。主な活動は海水浴場での監視・指導。それとビーチイベントの安全管理、ビーチクリーンなどの環境保全活動、心肺蘇生法の普及啓発活動などです」

 日に焼けた小麦色の肌に白い歯が印象的だ。

 ライフセービングと出合ったのは8年前。阿南市で行われたオープンウオータースイミング大会だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    “坂道”相手に写真集健闘 石田ゆり子は「寄る年波」も武器

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る