シドニー五輪競泳銅 源純夏さんは故郷でライフセーバーに

公開日:

 日本女子競泳陣が活躍した2000年のシドニー五輪。中でも女子400メートルメドレーリレーでの銅メダル獲得は、日本初の快挙だった。本日登場の源純夏さんはアンカーの自由形で出場し、大いに注目された。あれから18年、今どうしているのか?

 徳島県徳島市郊外の小松海岸。源さんは黄色地にオレンジで「SURF PATROL」と書かれた、日本ライフセービング協会のユニホーム姿で現れた。

「6年前、生まれ故郷の徳島で『徳島ライフセービングクラブ(LSC)』を立ち上げ、私が代表をしています。主な活動は海水浴場での監視・指導。それとビーチイベントの安全管理、ビーチクリーンなどの環境保全活動、心肺蘇生法の普及啓発活動などです」

 日に焼けた小麦色の肌に白い歯が印象的だ。

 ライフセービングと出合ったのは8年前。阿南市で行われたオープンウオータースイミング大会だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る