• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

恋愛も実力次第 剛力のケースで痛感“女優を育てる難しさ”

「芸能人は騒がれているうちが華」という言葉がある。今の剛力彩芽(25)は本業の女優としてではなく億万長者の実業家・前澤友作(42)との熱愛ゆえに騒がれている。

 時代が違うとはいえ、恋愛段階でこんなにオノロケを自ら発信する女優は例を見ない。最近は彼の昼寝姿までインスタにアップする。静かに2人の世界を楽しめばいいのに、自ら騒ぎになることを仕掛けているようにも見える。

 剛力と前澤氏の組み合わせは、10年前に電撃結婚した沢尻エリカと広告プロデューサー・高城剛氏のケースとかぶる。22歳年上の高城氏も謎の多い人物だった。一躍、時の人となった高城氏はメディアにも登場。週刊誌の連載や自著まで出版した。騒がれることで得られるメリットだった。

 前澤氏もどういう形であれ騒がれることは想定内なのだろうが、メディアが術中にハマった感もある。剛力とネットを含めたメディアの攻防は激化しているが、メディアも含めこれ以上、騒がず放っておくのも妙案。世間の反応がなくなれば、「あれっ、騒がない」と案外、拍子抜けになるのが芸能人の心理ともいう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る