二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

恋愛も実力次第 剛力のケースで痛感“女優を育てる難しさ”

公開日:

「芸能人は騒がれているうちが華」という言葉がある。今の剛力彩芽(25)は本業の女優としてではなく億万長者の実業家・前澤友作(42)との熱愛ゆえに騒がれている。

 時代が違うとはいえ、恋愛段階でこんなにオノロケを自ら発信する女優は例を見ない。最近は彼の昼寝姿までインスタにアップする。静かに2人の世界を楽しめばいいのに、自ら騒ぎになることを仕掛けているようにも見える。

 剛力と前澤氏の組み合わせは、10年前に電撃結婚した沢尻エリカと広告プロデューサー・高城剛氏のケースとかぶる。22歳年上の高城氏も謎の多い人物だった。一躍、時の人となった高城氏はメディアにも登場。週刊誌の連載や自著まで出版した。騒がれることで得られるメリットだった。

 前澤氏もどういう形であれ騒がれることは想定内なのだろうが、メディアが術中にハマった感もある。剛力とネットを含めたメディアの攻防は激化しているが、メディアも含めこれ以上、騒がず放っておくのも妙案。世間の反応がなくなれば、「あれっ、騒がない」と案外、拍子抜けになるのが芸能人の心理ともいう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る