二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

インスタ騒動 剛力彩芽は“出過ぎた女優”になるのが良薬

公開日:

「少しでも休めば他の女優に役を取られ、戻る場所がなくなる危機感が常にあった。恋愛に時間を割く余裕などなかった」

 映画全盛時代、女優から聞いた話を思い出した。

 群雄割拠。サバイバルが続く今の若手女優界も状況は似ている。油断すれば後発の女優に追い付かれ、やがて追い抜かれていく。抜かれた女優は行き場を失い別に生きがいを求める。剛力彩芽(25)がそんなふうにも見えてくる。

「恋愛禁止」の規制から解除されたように4月に発覚した実業家・前沢友作(42)との交際をオープンにした剛力。当初、初ロマンスを応援する声も多かったが、W杯決勝戦を前沢氏の自家用ジェット利用で観戦したと思われるインスタグラムをアップするや、様相一転。賛否両論入り交じり大騒ぎ。剛力ファンを公言する岡村隆史や明石家さんまがラジオなどで苦言を呈したことで騒ぎは拡大。自らまいたタネを慌てて自ら回収。過去のインスタを削除した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  9. 9

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  10. 10

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

もっと見る