二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

インスタ騒動 剛力彩芽は“出過ぎた女優”になるのが良薬

公開日: 更新日:

「少しでも休めば他の女優に役を取られ、戻る場所がなくなる危機感が常にあった。恋愛に時間を割く余裕などなかった」

 映画全盛時代、女優から聞いた話を思い出した。

 群雄割拠。サバイバルが続く今の若手女優界も状況は似ている。油断すれば後発の女優に追い付かれ、やがて追い抜かれていく。抜かれた女優は行き場を失い別に生きがいを求める。剛力彩芽(25)がそんなふうにも見えてくる。

「恋愛禁止」の規制から解除されたように4月に発覚した実業家・前沢友作(42)との交際をオープンにした剛力。当初、初ロマンスを応援する声も多かったが、W杯決勝戦を前沢氏の自家用ジェット利用で観戦したと思われるインスタグラムをアップするや、様相一転。賛否両論入り交じり大騒ぎ。剛力ファンを公言する岡村隆史や明石家さんまがラジオなどで苦言を呈したことで騒ぎは拡大。自らまいたタネを慌てて自ら回収。過去のインスタを削除した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  6. 6

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  7. 7

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  8. 8

    公立福生病院の透析中止と麻生氏の弱者に対する罵詈雑言

  9. 9

    我々は“トモダチ”が健康被害で苦しんでいることを知るべき

  10. 10

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

もっと見る