二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

インスタ騒動 剛力彩芽は“出過ぎた女優”になるのが良薬

公開日:

「少しでも休めば他の女優に役を取られ、戻る場所がなくなる危機感が常にあった。恋愛に時間を割く余裕などなかった」

 映画全盛時代、女優から聞いた話を思い出した。

 群雄割拠。サバイバルが続く今の若手女優界も状況は似ている。油断すれば後発の女優に追い付かれ、やがて追い抜かれていく。抜かれた女優は行き場を失い別に生きがいを求める。剛力彩芽(25)がそんなふうにも見えてくる。

「恋愛禁止」の規制から解除されたように4月に発覚した実業家・前沢友作(42)との交際をオープンにした剛力。当初、初ロマンスを応援する声も多かったが、W杯決勝戦を前沢氏の自家用ジェット利用で観戦したと思われるインスタグラムをアップするや、様相一転。賛否両論入り交じり大騒ぎ。剛力ファンを公言する岡村隆史や明石家さんまがラジオなどで苦言を呈したことで騒ぎは拡大。自らまいたタネを慌てて自ら回収。過去のインスタを削除した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る