• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

「AKBでは、第10回総選挙の女王松井珠理奈の休養が長引くなか、NMB48の山本彩の卒業発表があり、ドタバタした感がある。これまでの人気に陰りが見え、乃木坂と欅坂を除いて分岐点にあるAKBグループですから、あっちゃんのように、恋愛も自由に、素顔の自分でやっていきますと後輩メンバーがカミングアウトする可能性もある」

 そう言う関係者がいる一方、別の関係者は前田電撃婚のウラをこう語る。

「実は前田は現在、ちょっと停滞している。AKBを卒業していざ女優となったとき、鳴り物入りで映画にドラマにと主演を張ったのですが、前評判ほどの興収も視聴率も上がらず、それから中ぶらりんのところがある。同じAKB卒業組の大島優子が脇で実績を積み、前田や大島の後輩の川栄李奈がドラマの脇役やCMで売れているのに比べ、前田は売り方を間違ったという声もあるほど。そんなこんなで仕事が停滞していたからこそ、時間に追われず、恋愛にかまけ、結婚に至ったというのも舞台裏。ミリオンヒット連発のAKBですが、ファンの数はそう多くはないのです。前田はこのまま家庭に入るんじゃないかという声まで出ています」

 仕事がヒマだから恋愛ができて結婚できたという見方も否定できないというわけだ。さて、マエアツの電撃結婚は芸能界にどういう影響を及ぼすのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る