流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

公開日:

 AKB全盛期の中心メンバーで、「不動のセンター」「絶対的エース」などと呼ばれた元アイドル。第3回選抜総選挙で1位に返り咲いた際のスピーチで「私のことは嫌いでも、AKBのことは嫌いにならないでください!」とステージ上で泣きながら訴えて、ニュース番組でも大きく報じられた。前田所属の太田プロは勝地との熱愛が報じられたときに「プライベートは本人に任せています」と答えたそうで、奔放で我が道を行くタイプの前田には、恋愛について行動を規制したりすることはなかったようだ。

「アイドルであれ女優であれ、恋愛によって魅力が増して、いい仕事をするようになるタイプはいる。前田はまさにそのタイプ」と前出の芸能デスクは言っている。

■仕事はヒマで時間を持て余し…

 AKBでは、常に総選挙上位の「神7(セブン)」と呼ばれたメンバーの中で、最初の結婚である。前田はAKB卒業後、女優としてキャリアを積み重ねているが、アイドルの結婚という点でも、一石を投じることになるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

もっと見る