流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

公開日: 更新日:

 AKB全盛期の中心メンバーで、「不動のセンター」「絶対的エース」などと呼ばれた元アイドル。第3回選抜総選挙で1位に返り咲いた際のスピーチで「私のことは嫌いでも、AKBのことは嫌いにならないでください!」とステージ上で泣きながら訴えて、ニュース番組でも大きく報じられた。前田所属の太田プロは勝地との熱愛が報じられたときに「プライベートは本人に任せています」と答えたそうで、奔放で我が道を行くタイプの前田には、恋愛について行動を規制したりすることはなかったようだ。

「アイドルであれ女優であれ、恋愛によって魅力が増して、いい仕事をするようになるタイプはいる。前田はまさにそのタイプ」と前出の芸能デスクは言っている。

■仕事はヒマで時間を持て余し…

 AKBでは、常に総選挙上位の「神7(セブン)」と呼ばれたメンバーの中で、最初の結婚である。前田はAKB卒業後、女優としてキャリアを積み重ねているが、アイドルの結婚という点でも、一石を投じることになるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  4. 4

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  5. 5

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  6. 6

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  7. 7

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  8. 8

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  9. 9

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る