タモリ愛人宅通い報道 SNSと業界関係者にビミョーな温度差

公開日:

「タモリには普通に少し幻滅したと思う」「タモリに愛人は似合わないな残念」「奥さんがかわいそう」……。

 週刊新潮7月26日号がタモリ(72)の“愛人宅通い”を報じ、ネット上には非難のコメントが多数書き込まれている。

 お相手とされるのは、現在放送中のNHK大河ドラマ「西郷どん」の脚本を手がける中園ミホ氏(59)。タモリには、1970年に結婚した2歳年上の“糟糠の妻”がいる。

「ウラタモリ」なんて揶揄する声もあるが、他の芸能マスコミが後追いする気配はない。

「“お笑いビッグ3”ですから、忖度もはたらいているんでしょう」(在京キー局関係者)

 加えて、ネット上には「タモさんはもう枯れてるだろうし、愛人関係かどうかは疑問」「72歳と59歳、ただの茶飲み友達じゃ?」なんて、意外と冷静な“擁護派”も少なからずいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  7. 7

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  8. 8

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  9. 9

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る