タモリ愛人宅通い報道 SNSと業界関係者にビミョーな温度差

公開日:

「タモリには普通に少し幻滅したと思う」「タモリに愛人は似合わないな残念」「奥さんがかわいそう」……。

 週刊新潮7月26日号がタモリ(72)の“愛人宅通い”を報じ、ネット上には非難のコメントが多数書き込まれている。

 お相手とされるのは、現在放送中のNHK大河ドラマ「西郷どん」の脚本を手がける中園ミホ氏(59)。タモリには、1970年に結婚した2歳年上の“糟糠の妻”がいる。

「ウラタモリ」なんて揶揄する声もあるが、他の芸能マスコミが後追いする気配はない。

「“お笑いビッグ3”ですから、忖度もはたらいているんでしょう」(在京キー局関係者)

 加えて、ネット上には「タモさんはもう枯れてるだろうし、愛人関係かどうかは疑問」「72歳と59歳、ただの茶飲み友達じゃ?」なんて、意外と冷静な“擁護派”も少なからずいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る