怪演光る伊勢谷友介 マルチ人間が俳優業にまい進する理由

公開日:

 波瑠が主演するドラマ「サバイバル・ウェディング」が好調なスタートを切った。初回視聴率が10.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)と、同枠前期の菜々緒が主演したドラマ「Missデビル」が1度も超えられなかった2桁視聴率を達成。さらに第2話では10・8%と数字を上げてきた。このところ3クール続けて連続ドラマのヒロインを演じ、「新視聴率女王」最右翼とも称される波瑠の安定した演技もその原動力だが、何といっても民放連ドラ2作目、日テレ系連ドラ初出演の伊勢谷友介の“怪演”がMVP級の貢献度だろう。

 イケメンなのに毒舌ナルシシストで、マーケティング用語を使いまくるカリスマ編集長を演じる伊勢谷の髪形が奇妙奇天烈。おかっぱ&刈り上げという最先端すぎて誰にも理解されない感がよく伝わる。ファッションも全身Gucciでコーディネートという嫌な感じのヤツになり切っている。その伊勢谷演じる編集長が、婚約者に逃げられ「彼に尽くしてきたのに」と愚痴る波瑠に、「それは顧客のニーズを満たしてるんじゃなくて、顧客の言いなりになってるからだ」とズバリと言い当てる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る