怪演光る伊勢谷友介 マルチ人間が俳優業にまい進する理由

公開日: 更新日:

 波瑠が主演するドラマ「サバイバル・ウェディング」が好調なスタートを切った。初回視聴率が10.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)と、同枠前期の菜々緒が主演したドラマ「Missデビル」が1度も超えられなかった2桁視聴率を達成。さらに第2話では10・8%と数字を上げてきた。このところ3クール続けて連続ドラマのヒロインを演じ、「新視聴率女王」最右翼とも称される波瑠の安定した演技もその原動力だが、何といっても民放連ドラ2作目、日テレ系連ドラ初出演の伊勢谷友介の“怪演”がMVP級の貢献度だろう。

 イケメンなのに毒舌ナルシシストで、マーケティング用語を使いまくるカリスマ編集長を演じる伊勢谷の髪形が奇妙奇天烈。おかっぱ&刈り上げという最先端すぎて誰にも理解されない感がよく伝わる。ファッションも全身Gucciでコーディネートという嫌な感じのヤツになり切っている。その伊勢谷演じる編集長が、婚約者に逃げられ「彼に尽くしてきたのに」と愚痴る波瑠に、「それは顧客のニーズを満たしてるんじゃなくて、顧客の言いなりになってるからだ」とズバリと言い当てる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  6. 6

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  7. 7

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  8. 8

    公立福生病院の透析中止と麻生氏の弱者に対する罵詈雑言

  9. 9

    我々は“トモダチ”が健康被害で苦しんでいることを知るべき

  10. 10

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

もっと見る