有吉弘行のMCは“カメレオン” 楽屋の姿もリポーター明かす

公開日:

 2日、都内で行われたアマゾンプライムビデオの「有吉弘行の脱ぬるま湯大作戦」の発表会に、有吉弘行(44)、カンニング竹山(47)、山崎弘也(42)が登壇。お笑いの黄金期を彷彿とさせる壮大なセットと体を張った番組内容について語った。

 パンツ1枚で体を張るバラエティーは10年ぶりだという有吉は「もともとはダチョウ倶楽部の弟子でしたが……ダチョウを改めて尊敬しました。大変な仕事で、なるべく避けていきたいと改めて思いました」と笑いの中に本心を込めつつ感想を述べた。

■ダチョウ倶楽部も鼻高々?

 有吉は今やテレビ・ラジオのレギュラー12本の超売れっ子MC。年収は5億円ともいわれている。山崎、竹山らと同じ“ひな壇芸人”出身ながら100馬身以上もリードできた理由はどこにあるのか。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る