まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

公開日: 更新日:

 日本テレビが夏の恒例特番「24時間テレビ41~愛は地球を救う~」(25、26日)でチャリティーランナーを務めるお笑いタレント、みやぞん(33)の挑戦距離を発表すると、すぐさま視聴者から驚きと心配の声が上がった。

 スイム1.55キロ、バイク60キロ、ラン100キロという計161.55キロのトライアスロン。五輪のトライアスロンのスイム1.5キロ、バイク40キロ、ラン10キロの計51.5キロでも過酷で、プロのアスリートでも倒れたりしているのに、それを超える距離を五輪選手でもないお笑い芸人に挑戦させるというのだ。しかもスタートは土曜正午からの「メレンゲの気持ち」放送内と、酷暑の夏でも最も気温の上がる時間帯というから、視聴者の「殺す気か?」という反応も当然だろう。

「番組は40回目の節目だった昨年も平均視聴率が18.6%と、歴代2位を記録する一方、チャリティー募金がこの前年より1億円以上も少ない約1億2902万円。内容も、身体障害者を登場させて感動をあおるような演出が『感動ポルノ』だとして、批判が上がったりしている。目玉のチャリティーマラソンでも、本当に走っているのかといった疑惑のみならず、昨年はランナーのブルゾンちえみの発表を当日にするなど、あざとい演出が目立っています。チャリティーというのはとっくに看板倒れで、今回はさながら『超人ショー』。倒れずに走り切れるかどうかという見せ物で視聴率を稼ごうというのでしょう」(芸能リポーター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る