• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

秋の改編で新番組2本…世論ハネ返す坂上忍“MC力”の源泉

投稿日:

 坂上はフジテレビの昼の情報番組「バイキング」で、スタート当初こそ曜日MCだったが、その後、全曜日のMCに。

「坂上のおかげで低迷していたバイキングが浮上し、バイキングの後に放送される『直撃LIVEグッディ!』にもいい形でバトンタッチできるようになった。グッディを"打ち切り説"から救った功績は大きいでしょう」(テレビコラムニストの亀井徳明氏)

 とはいえ、ゲストコメンテーターを独特の語り口でイジる坂上には、賛否両論ある。最近も、体操女子の宮川紗江選手側が"塚原夫妻"からの直接謝罪を拒否したことについて、「一介の選手が協会の副会長や強化本部長からパワハラを受けたからといって、これは除名を求めているようなもの。ここまで言っちゃって得があるのか、と僕は思う」と疑問を呈し、ネット上をザワつかせた。


「ハッキリものを言う態度を見せつつ、その実、しっかり計算していて、本当にきついことは他の出演者に言わせる。ズルイほどに優れたバランス感覚があるから重用されるのでしょう」と、前出の亀井氏はこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  3. 3

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  10. 10

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

もっと見る