今度は出版プロデュース 小泉今日子“フィクサー化”進行中

公開日: 更新日:

「大々的に告知はしていませんが、キョンキョンが積極的に携わった本であるのは間違いありません」(出版関係者)

 今年2月に事務所独立、6月には女優休業を宣言した小泉今日子(52)が、人知れず“出版プロデューサー”デビューしていたことが分かった。本のタイトルは、「脚本家 坂元裕二」(ギャンビット)。「東京ラブストーリー」や「Mother」「最高の離婚」「カルテット」といったヒットドラマの脚本を執筆してきた脚本家にフォーカスした一冊である。奥付にはキョンキョンが3年前に立ち上げ、代表取締役を務める「株式会社 明後日」の名前が〈協力〉という形で明記されている。

 先の出版関係者の話。

「キョンキョンは企画立ち上げから関わり、ちょっとした打ち合わせや会議に参加し、原稿チェックも行っていた。裏方の業務を丹念にこなしていたそうです。坂元ドラマの常連である満島ひかり(32)や瑛太(35)、有村架純(25)といった役者や宮藤官九郎(48)との対談企画に加え、『よしもとドラマ部』というドラマ好きを公言する芸人も登場しているんですが、彼らを指名したのはキョンキョン。ニッチなところまで熟知しているあたり、テレビドラマや坂元さんに対する思いを感じさせた。周囲の人間には静かなる熱意がビシバシと伝わってきたそうですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    FA市場の大物が売れ残る背景…“格下”より低い金額を拒否

  10. 10

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

もっと見る