二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

巻き返し至難? 有村架純にみるヒットドラマ後のジレンマ

公開日: 更新日:

 1年の締めくくりを飾るドラマ秋の陣が始まった。秋の夜長のドラマ観賞。放送前から視聴者の関心も高かったが、今年もテレ朝は粒ぞろいの布陣。「女医から弁護士に代わっただけ」と放送前から揶揄された米倉涼子の「リーガルV」も蓋を開けてみれば、人気は健在だった。さらに安定した人気の水谷豊の「相棒」、沢口靖子の「科捜研の女」と続く。

 強力なシリーズ物に追いやられるように深夜枠となった嵐の相葉雅紀主演の「僕とシッポと神楽坂」も時間帯を考えれば6%台は大健闘。低迷していたフジの“月9”も織田裕二鈴木保奈美の「東京ラブストーリー」コンビを復活させた「SUITS」がヒット。復活の兆しが見えてきた。さらに話題のTBS日曜ドラマ「下町ロケット」も好発進。

 各局ともエース級ドラマの激突で高視聴率争いが注目されるなか、低視聴率で話題を独占しているのが、有村架純主演のTBSドラマ「中学聖日記」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  4. 4

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  5. 5

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  9. 9

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る