次男は親にも暴力か 三田佳子まだまだ続く子育ての罪と罰

公開日: 更新日:

 三田佳子(77)の息子の覚醒剤事件で、この次男、高橋祐也被告(38)の信じがたい行状が伝えられた。過去に三田家と家族ぐるみの親交のあった高橋の友人の話として、週刊文春がこんな証言を掲載したのだ。

「これまで、祐也は散々遊ぶ金を両親にせびってきた。拒否すると暴れ、三田さんは泣きながら彼が遊んでいる店に『これが最後だから』と言って、旧一万円札の束を封筒に入れて渡しに来ていました」

 父親の元NHKプロデューサー高橋康夫氏(77)に対しては「暴力的で、金を渡すのを拒否すると馬乗りになって殴ったり、刃物を突き付けることもあった」という。

 とすると高橋被告が今月9日に保釈された際、車を運転して迎えに来ていた父親へも、感謝や謝罪すらなかったのではないだろうか。また300万円の保釈金を支払ったのは三田佳子ではないかとみられ、「どこまで甘いんだ」との批判の声がネットに多数書き込まれたが、払わざるを得ない事情もあったのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る