萌景さんは自殺…全国の“ご当地アイドル”何人いるのか?

公開日: 更新日:

 愛媛県松山市でご当地アイドルとして活動していた大本萌景さん(当時16歳)が自殺し、遺族が過重労働やパワハラなどを理由に、損害賠償を求める訴訟を起こして話題になっている。損害賠償額は9200万円。遺族は辞めたがった大本さんに所属事務所代表が「辞めるなら1億円払え」と言ったと主張。これに対して事務所側は過重労働やパワハラの事実はないと反論し、1億円発言も真っ向から否定している。

 この手のトラブルでは2年前に小金井市のライブハウスでアイドル活動をしていた女子大生がファンの男性に刺され、重体となった件が記憶に新しいが、アイドルは一体何人くらいいるのか? AKBグループやモーニング娘。が所属するハロプロなどメジャーなアイドルは1000人いるともいわれる。その他に大本さんのような地方アイドルやライブハウスなどに出演する地下アイドルが5000人いるともいわれ、ネット上のSNSや動画でのアイドルも入れると推定で1万人近いという数字も。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  10. 10

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

もっと見る