萌景さんは自殺…全国の“ご当地アイドル”何人いるのか?

公開日: 更新日:

 愛媛県松山市でご当地アイドルとして活動していた大本萌景さん(当時16歳)が自殺し、遺族が過重労働やパワハラなどを理由に、損害賠償を求める訴訟を起こして話題になっている。損害賠償額は9200万円。遺族は辞めたがった大本さんに所属事務所代表が「辞めるなら1億円払え」と言ったと主張。これに対して事務所側は過重労働やパワハラの事実はないと反論し、1億円発言も真っ向から否定している。

 この手のトラブルでは2年前に小金井市のライブハウスでアイドル活動をしていた女子大生がファンの男性に刺され、重体となった件が記憶に新しいが、アイドルは一体何人くらいいるのか? AKBグループやモーニング娘。が所属するハロプロなどメジャーなアイドルは1000人いるともいわれる。その他に大本さんのような地方アイドルやライブハウスなどに出演する地下アイドルが5000人いるともいわれ、ネット上のSNSや動画でのアイドルも入れると推定で1万人近いという数字も。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る