「SUITS」織田裕二の双肩にのしかかる“フジ月9復権”の重圧

公開日: 更新日:

 織田裕二が10年ぶりに「月9」ドラマの主演を務めている「SUITS/スーツ」が、初回視聴率14・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とスタートダッシュに成功。全米で大人気のテレビドラマを日本風にアレンジしたことや、27年前の大ヒットドラマ「東京ラブストーリー」で共演して以来の織田・鈴木保奈美コンビの復活ということで、放送前から注目されていたが、下馬評どおりの結果を出した。

 第2話以降は11.1%、10.3%と、回を追うごとに数字を落としてはいるが3週連続で2桁をキープ。前7月期の「絶対零度3」が全話平均10.6%と“フジテレビ復活”のきっかけをつくっただけに、ここは踏ん張りどころともいえる。

「だいたい3話前後で視聴率は安定するのが通常。視聴者は最初の数話を見たあとで最後まで通して見るかどうかを決めている。なので『スーツ』も、今後はよほどのことがない限り2桁前後の視聴率をキープするはず。高視聴率を記録するのが難しくなっているなかでは合格点と言ってもいいが、織田裕二としてはこの数字に不満でしょう」(テレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る