「SUITS」織田裕二の双肩にのしかかる“フジ月9復権”の重圧

公開日: 更新日:

 織田裕二が10年ぶりに「月9」ドラマの主演を務めている「SUITS/スーツ」が、初回視聴率14・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とスタートダッシュに成功。全米で大人気のテレビドラマを日本風にアレンジしたことや、27年前の大ヒットドラマ「東京ラブストーリー」で共演して以来の織田・鈴木保奈美コンビの復活ということで、放送前から注目されていたが、下馬評どおりの結果を出した。

 第2話以降は11.1%、10.3%と、回を追うごとに数字を落としてはいるが3週連続で2桁をキープ。前7月期の「絶対零度3」が全話平均10.6%と“フジテレビ復活”のきっかけをつくっただけに、ここは踏ん張りどころともいえる。

「だいたい3話前後で視聴率は安定するのが通常。視聴者は最初の数話を見たあとで最後まで通して見るかどうかを決めている。なので『スーツ』も、今後はよほどのことがない限り2桁前後の視聴率をキープするはず。高視聴率を記録するのが難しくなっているなかでは合格点と言ってもいいが、織田裕二としてはこの数字に不満でしょう」(テレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  3. 3

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  4. 4

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  5. 5

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  6. 6

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  7. 7

    「中東に自衛隊派遣」わざわざ速報の不可思議とウラの狙い

  8. 8

    ワイドショーのラグビーW杯解説 秀逸なのはテレ朝の玉川徹

  9. 9

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  10. 10

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る