「SUITS」織田裕二の双肩にのしかかる“フジ月9復権”の重圧

公開日: 更新日:

 織田裕二が10年ぶりに「月9」ドラマの主演を務めている「SUITS/スーツ」が、初回視聴率14・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とスタートダッシュに成功。全米で大人気のテレビドラマを日本風にアレンジしたことや、27年前の大ヒットドラマ「東京ラブストーリー」で共演して以来の織田・鈴木保奈美コンビの復活ということで、放送前から注目されていたが、下馬評どおりの結果を出した。

 第2話以降は11.1%、10.3%と、回を追うごとに数字を落としてはいるが3週連続で2桁をキープ。前7月期の「絶対零度3」が全話平均10.6%と“フジテレビ復活”のきっかけをつくっただけに、ここは踏ん張りどころともいえる。

「だいたい3話前後で視聴率は安定するのが通常。視聴者は最初の数話を見たあとで最後まで通して見るかどうかを決めている。なので『スーツ』も、今後はよほどのことがない限り2桁前後の視聴率をキープするはず。高視聴率を記録するのが難しくなっているなかでは合格点と言ってもいいが、織田裕二としてはこの数字に不満でしょう」(テレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  5. 5

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  6. 6

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  7. 7

    GoToトラベル人件費 事務局長「日当7万円」SNSトレンドに

  8. 8

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  9. 9

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  10. 10

    「犬笛」を吹いてあとは知らんぷり…絶対に謝らない人たち

もっと見る