「SUITS」織田裕二の双肩にのしかかる“フジ月9復権”の重圧

公開日: 更新日:

 何しろ織田の全盛期には、「東京ラブストーリー」は最高32.3%(全話平均22.9%)、「踊る大捜査線」が最高23.1%(平均18.2%)など、フジテレビで数々の大ヒットドラマに出演し続けてきた。だが、この数年は結果を出せていないだけに、織田サイドも本ドラマへの力の入れようはハンパないという。

「脚本を初見した段階でセリフを大幅に修正させたり、“もっと癖のある登場人物にしてほしい”とキャラ設定に注文をつけたりと、相当気合が入っていたそうです」(テレビ関係者)

 その気合の入りすぎが、演技にも表れているという説もある。

「ネットでは織田の演技が大袈裟すぎるという感想が多いんです。アメリカのドラマというのを意識しすぎて表情も身ぶりもセリフ回しもわざとらしいとみられている。キャラに癖をつけようとしてなのか、セリフ回しが『相棒』の水谷豊風になっている。16年10月期に織田が主演したドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』のときと似ていると指摘する声もありました」(前出のテレビ誌ライター)

 織田の双肩にのしかかる月9の復権。2桁キープ中とはいえ、安泰とはいかないようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

  2. 2

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  3. 3

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  4. 4

    櫻井政界進出まで見据えるも…二宮の結婚時期にファン憤慨

  5. 5

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  6. 6

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  7. 7

    義憤に駆られ…児童400人の給食代を肩代わりした男性に喝采

  8. 8

    美空ひばりのAI頼み…NHK紅白が令和元年に迎えた“往生際”

  9. 9

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  10. 10

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る