寺島進「駐在刑事」が好発進 悪役から連ドラの看板俳優へ

公開日: 更新日:

 寺島進(54)の地上波連続ドラマ初主演作「駐在刑事」の初回視聴率が10.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好発進した。放送するテレビ東京では「快挙」と大騒ぎになっている。

 というのも、テレビ東京の連ドラで2桁スタートを記録したのは、2015年10月期の「釣りバカ日誌~新入社員 浜崎伝助」以来3年ぶり。同じ金曜8時枠の前作、小泉孝太郎主演ドラマ「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室」は3シーズン目の人気シリーズだが、過去3作で8.8%が最高だった。

 14年に2時間ドラマとしてスタートした「駐在刑事」は、取り調べ中に容疑者が自殺したことで、警視庁捜査1課のエリートだったが青梅署の駐在所に左遷された警察官が主人公のシリーズ。年に1回程度のペースで、これまで5回単発ドラマとして放映されてきた。

「2時間ドラマのシリーズが連ドラ化されるというのは、この世界では“昇格”。制作発表でも寺島は気合が入りまくりで、『子供から高齢者までわかりやすいドラマを』『日本一美しい連ドラにする』と話していた。撮影現場でも、共演者に“(演技で遠慮せずに)もっと来い!”とハッパをかけたり、撮影後にホテルの大浴場で“裸の付き合い”をしたりと、座長としての意識も高かった。本人としても“このドラマはいける!”という手応えがあったのでしょう」(テレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  10. 10

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

もっと見る