碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

「黄昏流星群」中山美穂の“自分探し”はツッコミどころ満載

公開日:

 ずいぶん懐かしい素材を持ち出したものだ。フジテレビ系「黄昏流星群」である。弘兼憲史の原作漫画は20年以上前の作品だが、基本的な物語はあまり変わっていない。リストラされた元銀行マンが旅先(スイス!)で出会ったすてきな中年女性に恋をして、帰国後に偶然再会した2人が接近していくナイスなお話だ。

 なんじゃ、それ! と言うなかれ。主人公の瀧沢完治は佐々木蔵之介。ひと目ぼれした相手、目黒栞が黒木瞳。そして完治の妻・真璃子には中山美穂を導入。リストラ世代の願望をかなえる「不倫ドラマ」というより、ほろ苦な「自分探しドラマ」として成立している。

 特に佐々木の誠実な演技が見ものだ。組織から切り捨てられたことへの憤り。出向先で煙たがられ、孤立することの悲哀。妻には言えない思いを栞に語るうちに、これまでの自分を見直し始める。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  7. 7

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  8. 8

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  9. 9

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る