碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

ドラマ「大恋愛」で好評 ムロツヨシの底力発揮はこれから

公開日:

 ドラマ「大恋愛」(TBS系)は、若年性アルツハイマーのヒロインと彼女を支える男の物語だ。下手をしたら陳腐なドラマになるはずだったが、違った。

 決定づけたのは、長く筆を折っていた小説家、間宮真司(ムロツヨシ)の“受けとめ力”である。彼の作品の大ファンだった女医の北澤尚(戸田恵梨香)。その情熱を真司が受けとめた。また病気が発覚し、尚が身を引こうとした時も、真司は「病気だなんて屁でもなんでもない。(中略)俺は一緒にいたいんだ!」と丸ごと受けとめる。

 それでも尚の元婚約者で、主治医でもある井原侑市(松岡昌宏)の存在や、尚を支え切ることができるのかという不安や迷いもあり、真司から別れを告げる事態に陥った。

 しかし先週、2人の間の誤解が解消され、ついに尚はウエディングドレスに身を包んだ。いやはや、ベテラン脚本家・大石静の手練手管によって、陳腐なドラマどころか、タイトル通りの大恋愛に進化しつつある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る