興行的には大コケのピンチ…映画「億男」は見る価値アリ?

公開日: 更新日:

 豪華出演陣とスタッフによる映画「億男」が苦戦中だ。興収ランキングでは、まさかの2位発進。最終的な興収も10億円に届かぬ見通しで、全国300館規模で公開された話題作としては寂しい結果だ。映画批評家の前田有一氏も驚きを隠せぬ様子で語る。

「スクリーン数でいえば3分の2程度しかない、幸福の科学製作のアニメ『宇宙の法 黎明編』にも負けていたのには驚きました。製作陣も役者も横綱級を揃えた東宝の実写作品にしては、珍しい低調ぶりといえます。とはいえ、かつて『るろうに剣心』3部作で合わせて125億円を超す大ヒットを叩き出した大友啓史監督は、近年の監督作では『秘密 THE TOP SECRET』『3月のライオン』前後編など人気の高い原作に恵まれながら、わずか10億円にも届かぬ大コケをするなど、波があるのも事実です」

 原作は社会現象にまでなった「君の名は。」(新海誠監督)を企画・大ヒットさせるなど、いま一番勢いがある映画プロデューサー・川村元気氏のベストセラー小説。キャストは主演の佐藤健を筆頭に、黒木華、沢尻エリカ、藤原竜也らそうそうたる人気者が顔をそろえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  6. 6

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  7. 7

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  8. 8

    本命は高津、対抗が池山…ヤクルト次期監督“大穴”候補とは

  9. 9

    ZOZOは4000億円で…メルカリやAmebaTVはいくらで買える?

  10. 10

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る