興行的には大コケのピンチ…映画「億男」は見る価値アリ?

公開日: 更新日:

 豪華出演陣とスタッフによる映画「億男」が苦戦中だ。興収ランキングでは、まさかの2位発進。最終的な興収も10億円に届かぬ見通しで、全国300館規模で公開された話題作としては寂しい結果だ。映画批評家の前田有一氏も驚きを隠せぬ様子で語る。

「スクリーン数でいえば3分の2程度しかない、幸福の科学製作のアニメ『宇宙の法 黎明編』にも負けていたのには驚きました。製作陣も役者も横綱級を揃えた東宝の実写作品にしては、珍しい低調ぶりといえます。とはいえ、かつて『るろうに剣心』3部作で合わせて125億円を超す大ヒットを叩き出した大友啓史監督は、近年の監督作では『秘密 THE TOP SECRET』『3月のライオン』前後編など人気の高い原作に恵まれながら、わずか10億円にも届かぬ大コケをするなど、波があるのも事実です」

 原作は社会現象にまでなった「君の名は。」(新海誠監督)を企画・大ヒットさせるなど、いま一番勢いがある映画プロデューサー・川村元気氏のベストセラー小説。キャストは主演の佐藤健を筆頭に、黒木華沢尻エリカ藤原竜也らそうそうたる人気者が顔をそろえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

  2. 2
    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

  3. 3
    日テレ「笑点」林家三平にメスは入るか 加入から5年目でもキャラを確立できず

    日テレ「笑点」林家三平にメスは入るか 加入から5年目でもキャラを確立できず

  4. 4
    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

  5. 5
    “陽岱鋼ショック”に揺れる原巨人 日本ハム自由契約の大田泰示「出戻り実現」の可能性はビミョー

    “陽岱鋼ショック”に揺れる原巨人 日本ハム自由契約の大田泰示「出戻り実現」の可能性はビミョー

もっと見る

  1. 6
    だれ?だれ?NHK紅白出場者の名前を聞いてもわからない…

    だれ?だれ?NHK紅白出場者の名前を聞いてもわからない…

  2. 7
    TBS日曜劇場「日本沈没」はフシギなドラマ 陳腐な内容なのに視聴率は好調

    TBS日曜劇場「日本沈没」はフシギなドラマ 陳腐な内容なのに視聴率は好調

  3. 8
    “唯一無二”の段田安則はドラマに引っ張りだこ! 岸田総理そっくりでも支持率は高い

    “唯一無二”の段田安則はドラマに引っ張りだこ! 岸田総理そっくりでも支持率は高い

  4. 9
    グラドル森咲智美さん「旅行にもいけないので逆張りで航空会社と鉄道会社の株式を購入しました!」

    グラドル森咲智美さん「旅行にもいけないので逆張りで航空会社と鉄道会社の株式を購入しました!」

  5. 10
    ひろゆきも指摘!10万円給付うち5万円分クーポンで…「事務費1200億円」に膨張の愚

    ひろゆきも指摘!10万円給付うち5万円分クーポンで…「事務費1200億円」に膨張の愚