てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

再ブレイクはしたくない…ヒロシの「無理をしない」生き様

公開日:

「この構図が芸能界の構図みたいですね」(ヒロシ/テレビ朝日「徹子の部屋」11月6日放送)

「笑いの金メダル」(テレビ朝日)や「エンタの神様」(日本テレビ)などで自虐ネタを披露し、ブレーク。後にいわゆる「一発屋」と呼ばれるようになったヒロシ(46)だが、近年、再びにわかに注目を浴びている。

 もともと趣味だったソロキャンプを動画で配信。そのチャンネル登録者数は11月現在、26万人を超えている。BS朝日の「迷宮グルメ 異郷の駅前食堂」でも、メインキャストとしてレギュラー出演を果たしている。

 そんなヒロシがソロキャンプを再現しながら、その魅力を黒柳徹子にレクチャー。その際、地べたに座って説明していたヒロシが、ソファに座ったままの黒柳徹子を見上げて言ったセリフが今週の言葉だ。

 小さい頃からヒロシはいじめられっ子だった。人見知りで引っ込み思案。いじめられても反撃できず、下を向いているだけの子供だったという。そんなヒロシのよりどころのひとつが、お笑いだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る