長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

公開日: 更新日:

 今年も残すところ1カ月半を切り、一年を総括する時期となったが、来年以降も芸能界で活躍が期待される女優を占えるのが東宝カレンダーだ。

 系列である東宝芸能所属の女優に加え、東宝の映画や舞台で“顔”を務める面々を起用し、ひと際華やかでファンも多い同カレンダー。表紙は、来年公開予定の主役級ムービーを2本控える長澤まさみ(31)が盤石のV15を成し遂げたが、他にも気になる“当落”を見てみよう。

 2004年から15年連続で登場していた常盤貴子(46)に代わり、舞台枠で初登場したのは、神田沙也加(32)。大型企画の映画「Last Letter」に出演する広瀬すず(20)も、有村架純(25)からバトンを引き継ぐ形で初当選を果たし、青春モノでもり立ててきた功労者の土屋太鳳(23)は同世代の山崎紘菜(24)と入れ替わりでその座をゲット。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  8. 8

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  9. 9

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  10. 10

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

もっと見る