2019年カレンダー問題…解決策は“GW10連休”をシールで自作

公開日:

 カレンダーの季節。大手書店や文具店には2019年のカレンダーがにぎやかに並ぶ。ただ、問題は祝日だ。先日、ようやく「GW10連休」が本決まりになったが、多くの業者が印刷を開始する時点では、未定だった。そのため、大半の商品は「10連休」は“赤い色”ではないのが現実だ。

 試しに、カレンダーフェアを実施中(来年1月16日まで)の銀座・伊東屋で卓上カレンダーを購入すると、「祝日シール」なる可愛らしい赤色のシールを無料で配布していた。これを祝日の枠に貼って、自力で10連休を完成させる(写真)らしい。

 同社では、卓上、壁掛け合わせて1500種類を取り扱う。

「今年はヨーロッパなど、直輸入のカレンダーに力を入れています」(広報担当者)

 来年用カレンダーは、この祝日の“シール対応”が当たり前になるのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

もっと見る