NHK紅白歌合戦 平成の過去29回の最高視聴率は「57.2%」

公開日:

「紅白歌合戦」の出場者が発表された。あいみょんとかDAOKOとか馴染みがない初出場者の名前が並び、大物も3回目のユーミンだけ、あとは例年通りの印象。これで盛り上がるかどうか。かつては視聴率が70%もあった超国民的番組。平成最後、不安が募る。

 というわけで、今回は平成の過去29回の数字を振り返る。平成元年から今の2部構成が始まり、最高は平成10(1998)年の57.2%(2部/関東地区)だった。この年は安室奈美恵が産休からの復帰の場となり、涙ながらに熱唱し、瞬間では60%を超えた!

 ちなみに、この年は小室ファミリーの安室や華原朋美、globeや沖縄勢のSPEED、MAXが席巻した。今年、16年ぶりに選ばれたDA PUMPが初出場した年でもある。

 その前は大抵50%をキープできていたが、10年をピークに12年からは40%台と30%台を行ったり来たり。1部に至っては18年連続で30%台。昨年は引退前の安室奈美恵を引っ張り出したのに39.4%と40%には届かずじまいだった。サプライズゲストも底を突き、平成最後の年に初の30%割れもあり得る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  10. 10

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

もっと見る