コトブキツカサ
著者のコラム一覧
コトブキツカサ映画パーソナリティー

1973年、静岡県生まれ。映画パーソナリティー&映画心理カウンセラー。有働由美子、マツコ・デラックスと同じナチュラルエイトに所属。ハリウッドのエピソードから心理まで多角的に作品を網羅。水道橋博士も信頼を寄せる映画専門家。

片山さつき大臣に映画「ブルージャスミン」を処方する理由

公開日:

 映画パーソナリティー&映画心理カウンセラーのコトブキツカサが“今、旬な”人々に映画を処方して、より良い日々を送っていただこうという勝手なコラム。

 私が初めて片山さつきという存在を強く意識したのは、13年前の衆議院議員総選挙の時。初登院で意気揚々とインタビューを受けている最中、ひとりの記者の携帯電話が鳴り、一瞬イラッと表情を変え、その記者に苦言を呈したのです。多くのカメラが回っていることを承知の上で苛立ちを隠さないというその態度にプライドの高さを垣間見ました。最難関の東大法学部卒、在学中は読者モデルとして活躍。女子大生ブームを謳歌し、大蔵省に入省という華麗なるキャリアを歩んできた彼女ですが、政治討論番組やバラエティー番組などでの発言や態度はやや高慢に見えたのも事実です。

 そんな片山さつきさんに今回処方する映画は、ウディ・アレン監督、ケイト・ブランシェット主演の「ブルージャスミン」です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る