コトブキツカサ
著者のコラム一覧
コトブキツカサ映画パーソナリティー

1973年、静岡県生まれ。映画パーソナリティー&映画心理カウンセラー。有働由美子、マツコ・デラックスと同じナチュラルエイトに所属。ハリウッドのエピソードから心理まで多角的に作品を網羅。水道橋博士も信頼を寄せる映画専門家。

体操界の“女帝”塚原千恵子は「ミザリー」の主人公とダブる

公開日:

 映画パーソナリティー&映画心理カウンセラーのコトブキツカサが“今、旬な”人々に映画を処方して、より良い日々を送っていただこうという勝手なコラム。

 レスリングにボクシング、ウエートリフティングといまだ続くスポーツ界のパワハラ問題。暴力団との関わりがNGだと気づいていなかった“男・山根”を含め、面白キャラの宝庫でもあります。

 中でも私が気になるのは日本体操協会の女帝・塚原千恵子強化本部長です。弱冠19歳の宮川紗江選手のパワハラ告発に対し「全部ウソ」「黙ってないわ」と言い放つ姿はまさにホラーでしょう。

 そんな強化本部長に処方したい映画は「ミザリー」(原作スティーブン・キング、監督ロブ・ライナー)です。交通事故で身動きが取れなくなってしまった小説家・ポールを助けた中年女性の物語。ポールの熱狂的ファンだった中年女・アニーが偶然彼を救い、最初は献身的に彼をサポートするのですが、いつしか己の欲があふれ出し、ついにはポールを支配。彼の作品を愛するが故、最新小説「ミザリー」の結末が納得できないと、原稿を燃やすことを強要するというパワハラに出ます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る