桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

高嶋ちさ子あっぱれ! 忖度コメンテーターを一掃してくれ

公開日:  更新日:

 10月スタートの「ザワつく!一茂良純時々ちさ子の会」(テレビ朝日系)が面白い。

 いまやどんなお笑いコンビより笑いをとる長嶋一茂&石原良純コンビと“毒舌”バイオリニストの高嶋ちさ子がレギュラー。数回の特番を経て10月からレギュラー化された。進行はサバンナ高橋茂雄。

 番組の作りはマツコ・デラックスの「月曜から夜ふかし」やら「マツコ&有吉の怒り新党」(今の「かりそめ天国」ではなく)やらに似ているのが若干気になるが、金持ち喧嘩せずで無難なことしか言わなくなったマツコや有吉弘行とは違い、最初からお金持ちの家に生まれたこちらの由緒正しいお坊ちゃま、お嬢ちゃまは失う怖さを知らないのか、忖度なし、言いたい放題なのがいい。

 マツコも有吉も坂上忍も“毒舌”でのし上がったのに、冠番組を手に入れた途端、わかりやすいくらい保身に走り、上の顔色をうかがい、下とも仲よくやろうという感じが見え見え。ワイドショーのコメンテーターなんかもその際たるもので、みんな無難なことしか言わない。街のスナックのママの方がよっぽど過激でタメになるほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る