てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

「M-1」なければ辞めていた 審査員受諾はナイツ塙の恩返し

公開日:

「優勝もしてないですし、審査してもいいか迷ったんですけど、テレビに出たかったので。内海桂子師匠が降りてきています」(ナイツ・塙宣之/テレビ朝日「M―1グランプリ」12月2日放送)

 ナイツの塙宣之(40)は、「M―1」で一度も優勝経験がない。それどころか、わずか3年前の2015年の大会では敗者復活戦に回り準決勝で敗れ、決勝進出を逃したにもかかわらず、史上最年少の40歳で審査員に抜擢された。そんな塙が番組冒頭のあいさつで、同じく審査員初体験の立川志らくが「談志が降りてきてます」と語った言葉にかぶせて、ボケた言葉を今週は取り上げたい。

「人の人生を決めれるっていうのは最高じゃないですか。権力を手に入れたぞ! やっと!」(TBSラジオ「ナイツのちゃきちゃき大放送」18年11月24日)

 塙は「M―1」の審査員が発表された直後、自身のラジオ番組で、そううそぶいて笑わせた。実は、塙は以前のインタビューで、「笑いを点数化すべきではない」という意見について聞かれ、こう答えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る