井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキ

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

インスタ再開も 石田ゆり子が提起する炎上しないSNS利用術

公開日:

 今年上半期に炎上してしまった女優の石田ゆり子(49)。思い立って洋服店を訪れたものの、店員からあれこれと話しかけられたことで、ゆっくりと服を選べなかった。そう投稿したところ、身勝手だ、店員の気持ちになれと、強い調子で非難するコメントが押し寄せて炎上となってしまったのだ。

 それからわずか3カ月、今度は飼っている犬をプロのトレーナーの元へ避暑に出したとつづったところ、「飼い犬の気持ちになれ」と非難する声が一斉に送られた。これを受けて8月29日、とうとうインスタグラムの更新を止めることを示唆する投稿があった。

「ここ最近、SNSというものの良さも悪さもひしひしと感じます」「最近やはり疲れてきたのは事実」「インスタ、しばらく休んでみようかとも思っています。それもまた、1つの道ですよね」

 これには、さすがに石田を気遣うコメントが殺到、罵詈雑言はあっという間にかき消されていく。擁護する声は止まらなかったものの、肝心の本人からの返信がない。ファンやアンチがまんじりともせずに見守るなか、ひと呼吸おいた後の31日に投稿があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る