ロシアの“最先端ロボット”より笑える「ロボジー」の頑固爺

公開日:

 先週、ロシアで起きた騒動には笑った。子ども向け科学イベントに登場したロボットが、実は人間が入った着ぐるみだったのだ。本作はロボットに入った老人が周囲を右往左往させるコメディー。ミッキー・カーチスが五十嵐信次郎の名で主演した。

 木村電器では会社の宣伝のために小林(濱田岳)ら3人の若手社員がロボット開発を担当していたが、手違いによりロボットが全壊。彼らは会社に内緒でロボットの中にバイトで雇った鈴木(五十嵐)を入れ、「ニュー潮風」と命名してロボット博に出品する。一度きりのお披露目のつもりだったが、現場でニュー潮風が女子大生の葉子(吉高由里子)を救ったため世間の注目を浴び、ウソをつき通さざるを得ない事態に。

 ニュー潮風は各地のイベントに出演し、小林たちは講演会で学生の質問攻めに遭う。そんな中、「内部に人が入っているのでは」との疑惑が持ち上がり、釈明会見に臨むのだった……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る