FC会報に赤ペン直筆で…中森明菜が綴った“慟哭”の現在地

公開日:

《出来ていない時も…たくさんありますがぁぁぁ…悲しいですね》と続け、《みんなの幸せがすべて。笑顔で日々を過ごしてくれるのが、あたしの…すべて…ですぅ》と結んだ。

 長く明菜を取材するベテラン芸能記者の青山佳裕氏はこう言う。

「ディナーショーを大盛況で成功させてから、前向きなコメントをされていたのですが、またトーンダウンしてしまいましたね。活動休止を発表した2010年の10月から続いていた、また暗く長いトンネルに入ってしまったかのような印象です。燃え尽き症候群とまではいかないまでも、今年はちょっとガス欠してしまったのかも知れません」

■本格コンサートへの期待は高まるも…

 昨年は全国14都市18公演のチケットをすぐに完売させるなど、変わらぬ人気ぶりを示していた明菜。大みそかの紅白歌合戦にも、出演してほしい歌手として、視聴者からたくさんの要望が寄せられるという。そうしたファンからの変わらぬエールが本人にも届いているのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る