大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

妻夫木聡は「来る」の収穫 2018年邦画俳優ベスト3発表

公開日:

 年末なので、2018年の邦画俳優ベスト3を選出しようと思う。

【1位】妻夫木聡(38) 中島哲也監督のホラー仕立ての正月映画「来る」の一番の収穫は妻夫木聡だった。仕事でうまくやりくりをし、家庭では絵に描いたようなイクメンぶり。ただ、当たり前、平凡に見えるがゆえの異常さが彼からは立ち上っていて、思わず背筋が寒くなった。

 今作は妻夫木を含めて、多くの登場人物たちの日常的な行動、所作、言葉を少しズラしながら描く。一種のデフォルメともいっていい。そのズラし方から日常や平凡の怖さがにじみ出てくる。平凡さの集積が今の日本をつくっているようにも見えた。妻夫木が演じた役は、まさに現代日本が生んだ奇怪極まる象徴的な人物ではなかったか。

【2位】遠藤憲一(57) きうちかずひろ監督の「アウト&アウト」という作品をご存じか。今年の邦画を語る上で、はずせない作品だ。元ヤクザで探偵役の遠藤憲一がキレッキレの演技で拍手喝采をした。最近、コメディーっぽい演技も増えたが、本作ではかつてのこわもて風情全開で、まさにエンケンが帰ってきたといっていい。少女とともに難事件に立ち向かうエンケンには、硬軟を自在に演じ分ける独特の演技の幅が見られ、今年の俳優陣の中で群を抜く輝きを見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る