城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

小室哲哉からタッキーまで「引退」ラッシュの1年だった

公開日:

 クリスマスの時期だからというのか、小倉優子(35)、高橋真麻(37)がそれぞれ結婚を報告した。

 その前は、次々に離婚の発表があって、今年も結婚、離婚、熱愛、破局がたくさんあったなぁと思ったのだが、2018年の芸能界はそれよりも特筆すべき出来事が続いたと考えている。キーワードは“引退”だ。

 1月、不倫疑惑を報じられた小室哲哉(60)が記者会見を開いたが、不倫の釈明のはずが「僕なりの、この騒動へのけじめとして、引退を決意しました」と言い出し、その方が大きな話題になった。引退で不倫の話をかき消した感じだが、半ばやけっぱちな印象さえ覚えた。ただ、小室はその前年の時点ですでに芸能活動を終わらせたいと周囲に漏らしていたらしく、身を引く考えは持ち続けていたようだ。CDが売れない時代になり、曲を作れば売れまくる頃を知っているだけに、限界を感じていたのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る