城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

小室哲哉からタッキーまで「引退」ラッシュの1年だった

公開日:

 クリスマスの時期だからというのか、小倉優子(35)、高橋真麻(37)がそれぞれ結婚を報告した。

 その前は、次々に離婚の発表があって、今年も結婚、離婚、熱愛、破局がたくさんあったなぁと思ったのだが、2018年の芸能界はそれよりも特筆すべき出来事が続いたと考えている。キーワードは“引退”だ。

 1月、不倫疑惑を報じられた小室哲哉(60)が記者会見を開いたが、不倫の釈明のはずが「僕なりの、この騒動へのけじめとして、引退を決意しました」と言い出し、その方が大きな話題になった。引退で不倫の話をかき消した感じだが、半ばやけっぱちな印象さえ覚えた。ただ、小室はその前年の時点ですでに芸能活動を終わらせたいと周囲に漏らしていたらしく、身を引く考えは持ち続けていたようだ。CDが売れない時代になり、曲を作れば売れまくる頃を知っているだけに、限界を感じていたのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る