てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

嫌われても…「明石家サンタ」で学んだ八木亜希子の原点

公開日: 更新日:

「最初にゴーンときちゃいました」(八木亜希子/フジテレビ「明石家サンタ史上最大のクリスマスプレゼントショー2018」18年12月24日放送)

 クリスマスイブの深夜に視聴者から電話で不幸話を聞く、毎年恒例の「明石家サンタ」。電話に出た視聴者が「カルロス・ゴーン」と名乗ったことで、その不幸話のオチが弱まってしまった。あえなく「不合格」となって明石家さんまが電話を切ると、司会の八木亜希子(53)が思わず放った一言が今週の言葉だ。

 いかに彼女がこの番組を楽しんでやっているのかが分かる。何しろ、フジテレビ退社後も唯一継続して出続けているほど大切にしている番組なのだ。

 八木がフジに入社したのは1988年。有賀さつき、河野景子と同期で、フジがイケイケで絶頂だった時期だ。新人研修が終わった翌日、ゴルフ大会のプレゼンターを務めたのが、最初の仕事だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  7. 7

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  8. 8

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る