月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

公開日: 更新日:

 一時、お酒を断とうと思って奈良にある断食道場に行ったことがあります。自分の人生の節目は9年ごとにやってくるんです。宝塚を辞めようと思ったのが入団9年目。辞めてから9年目に公私ともに大スランプ。ただただ酔いたくて飲んでいた時期だったので、お酒を断とうと思って10日間の断食生活。

 修練が終わり回復食をいただき、道場の方から「ビールを飲むならノンアルコールビールと割って飲まないと倒れますよ」と言われたけど、それがあまりにもまずくて、ワインを飲んだら、倒れるどころか全然平気。その日から食べるご飯とお酒がなんておいしく感じたか。断酒に行ったのにね(笑い)。

■日本酒のつまみには自家製の糠漬けが一番

 お酒に関するこれまでの人生最大の失敗は宝塚に入って1年目。月組の打ち上げがあり、各学年で余興をしなければならないのですが、私の学年があまりにも不評で、罰として一気飲みをしなければならなくなったんです。でも、飲めない子も多くてそれならと私が一気飲みを買って出ました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  3. 3

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  4. 4

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  5. 5

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  6. 6

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  7. 7

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

  8. 8

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  9. 9

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  10. 10

    国会延長を拒否した菅首相、三原副大臣、平井大臣の二枚舌

もっと見る