大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

市原悦子さんは自然に役柄を生きる新劇俳優の王道だった

公開日: 更新日:

 今月12日に亡くなった市原悦子さんは、まさに新劇俳優の王道を歩んだ人だったと思う。それは、名門の俳優座の出身者にして、演劇、テレビ、映画など多ジャンルで活躍した幅広い芸歴を表す意味ではない。新劇俳優がこだわったとされるさまざまな役を「生きる」ように演じる能力が、群を抜いていたからだ。

 与えられた役柄に、どこまで血肉を通わせることができるか。リアルと虚構がせめぎ合うなかで重要になってくるのが、演じた俳優ならではの個性だ。市原さんは、往年の新劇俳優たちが苦闘の末につかみとってきたその領域に、実に自然な装いで入ることができたのだった。

 かつて、新劇俳優の重鎮たちは、被ばく者を演じることに尋常ならざる貪欲さをもっていた。滝沢修なら「原爆の子」(1952年)、宇野重吉なら「第五福竜丸」(59年)、望月優子なら「ヒロシマ1966」(66年)といった具合だ。いずれも被ばく者の想像もできないつらい内面に寄り添うことの大切さ、重要さが俳優の根本にあると思えるような鬼気迫る演技であった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る