大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

単館系正月ムービーはインド製作の“ナプキン映画”が面白い

公開日:

 正月映画は、大手の映画なら妻夫木聡の怪演がすばらしい「来る」を推すが、単館系ではインド映画の「パッドマン 5億人の女性を救った男」が抜きんでて面白い。女性の生理用品(ナプキン)を安価に製造して成功を手にした男の話だ。

 インドの女性たちはつい最近までナプキンが高額で、汚い布で処理をすることも多かった。またインドでは生理そのものへの偏見も凄まじく、生理中の女性は忌み嫌われることも珍しくなく、宗教といった伝統的な側面からもナプキンは“疎外”されていた。映画は、そのような背景をしっかりと描き込んでいる。

 主人公は新婚のラクシュミという男だ。妻が使う粗末な生理用品に我慢ならなくなり、一念発起してナプキンを安価に作ることを決意する。妻への愛情が奮起させる。それ以上の理由はいらない。

 経営していた工房も手放し、周囲から借金までして悪戦苦闘の末、目的にたどり着く。が、本作は単なる成功譚ではない。大きな見どころは、女性たちの共同作業を交えて成功を勝ち取っていくところだ。ラクシュミは開発したナプキンの浸透をインテリ女性と行い、製造・販売をごく普通の女性たちの手を借りて進めていく。これで女性の仕事も増え、彼女たちのやる気も喚起していく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る