城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

小林幸子を「おもいで酒」から変えた若い世代の意見と戦略

公開日: 更新日:

 10歳でデビューし、「おもいで酒」(1979年)が大ヒット。NHK紅白歌合戦の常連となり、巨大衣装が大晦日の恒例となった。7年前、個人事務所の社長と専務とのトラブルが大騒動となり、紅白出場が連続33回でストップ。当時の社長が続けてきた地方の営業も全滅してしまった。

 この時、僕は彼女に新しい事務所で単独インタビューをさせてもらった。かなり厳しい質問もしたのだが、小林はすべてのことにキチンと答え、「正直に語っているなぁ」と感じたものだ。そして、「トラブルを収めるために、元社長らにいくら和解金を支払ったのか?」ということまで尋ねたが、その金額さえも明確に答えてくれた。記憶は定かでないが、億に近い金額だったと思う。話していくうち、彼女の一生懸命さが伝わってきた。

 その時、そんな彼女を心配そうに見つめている複数の目があった。新事務所のスタッフになった若い世代の人たちだった。彼らのアイデアもあって、小林はコンサートの動画をネット配信したり、ボブ・サップとのプロレス試合をニコ生で生中継したり、はたまたコミックマーケットに参加することもあり、旧来の演歌ファンだけでない幅広い支持層をキャッチできた。そして若いファンからは「ラスボス」(ゲームの最後に出てくる最強キャラ)という愛称で呼ばれるようになって、2015年のNHK紅白に特別出演という形で復活してみせている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  6. 6

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  7. 7

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  8. 8

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  9. 9

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る