1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

公開日: 更新日:

新田恵利編<12>

 1980年代の芸能界、恋愛はタブーだった。人気が落ちるからと言われた。写真週刊誌に勢いがあり、芸能人は夜の光、カメラのフラッシュに怯えた。

 おニャン子クラブの頃、私も「フライデー」されたことがある。高校卒業の直前、付き合っていたラグビー部の同級生の自転車で2人乗りして、田んぼのあぜ道を通学するところ。写真の奥にはうっすらと富士山が写っていた。牧歌的で性的な雰囲気ゼロだったせいか、スタッフに怒られたり世の中からバッシングされたりすることはなかった。

 彼とは卒業を機に別れた。嫌いになったわけではない。大学進学を決めた彼に対して、幼い頃からの夢、お嫁さんの夢をかなえてくれないと内心怒っていたのだ。そんなこと、とても恥ずかしくて言えない。

 卒業式を終えた3月、私の18歳の誕生日に仕事が終わり家に帰ると、郵便ポストの上に花束とバースデーカード。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る