1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

公開日: 更新日:

新田恵利編<12>

 1980年代の芸能界、恋愛はタブーだった。人気が落ちるからと言われた。写真週刊誌に勢いがあり、芸能人は夜の光、カメラのフラッシュに怯えた。

 おニャン子クラブの頃、私も「フライデー」されたことがある。高校卒業の直前、付き合っていたラグビー部の同級生の自転車で2人乗りして、田んぼのあぜ道を通学するところ。写真の奥にはうっすらと富士山が写っていた。牧歌的で性的な雰囲気ゼロだったせいか、スタッフに怒られたり世の中からバッシングされたりすることはなかった。

 彼とは卒業を機に別れた。嫌いになったわけではない。大学進学を決めた彼に対して、幼い頃からの夢、お嫁さんの夢をかなえてくれないと内心怒っていたのだ。そんなこと、とても恥ずかしくて言えない。

 卒業式を終えた3月、私の18歳の誕生日に仕事が終わり家に帰ると、郵便ポストの上に花束とバースデーカード。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    巨人サンチェス3回降板にブ然 原監督“怒り投手交代”の波紋

もっと見る