1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

公開日: 更新日:

新田恵利編<12>

 1980年代の芸能界、恋愛はタブーだった。人気が落ちるからと言われた。写真週刊誌に勢いがあり、芸能人は夜の光、カメラのフラッシュに怯えた。

 おニャン子クラブの頃、私も「フライデー」されたことがある。高校卒業の直前、付き合っていたラグビー部の同級生の自転車で2人乗りして、田んぼのあぜ道を通学するところ。写真の奥にはうっすらと富士山が写っていた。牧歌的で性的な雰囲気ゼロだったせいか、スタッフに怒られたり世の中からバッシングされたりすることはなかった。

 彼とは卒業を機に別れた。嫌いになったわけではない。大学進学を決めた彼に対して、幼い頃からの夢、お嫁さんの夢をかなえてくれないと内心怒っていたのだ。そんなこと、とても恥ずかしくて言えない。

 卒業式を終えた3月、私の18歳の誕生日に仕事が終わり家に帰ると、郵便ポストの上に花束とバースデーカード。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  4. 4

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  5. 5

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  8. 8

    加藤官房長官“ジャラジャラ”手首に目がクギ付け 「何の願掛け?」と記者たちで話題に

  9. 9

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  10. 10

    東京都のコロナ新規感染者2848人! 元東京都衛生局職員が語る「最多更新」以上の深刻度

もっと見る