3月末でフリーに TBSの闇キャラ宇垣美里アナの“腹黒伝説”

公開日: 更新日:

 確かに同期の皆川玲奈アナが報道路線に定着しているのとは対象的に、アナウンサーとしてはいまひとつパッとせず、人気はあるものの軸が定まらない印象はあった。テレビ関係者がこう話す。

「プライドが高くて気が強く、周囲と衝突することも多いので、扱いづらい。Hey!Say!JUMPの伊野尾慧との交際報道もあったし、昨年3月に『あさチャン!』を降板させられた時は、プロデューサーに向かって“何でですか!”と紙コップを投げつけて食ってかかったと報じられました。また、重要な会議の欠席連絡をLINEでして、お局アナに激怒されたという話もあります」

■局内では治外法

 出演番組が激減し、実質的に干されていた宇垣を同局の「サンデー・ジャポン」は「闇深いキャラ」としてイジりまくり、当人も吹っ切れたかのようにセーラームーンなどのコスプレ姿で登場。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  7. 7

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  8. 8

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  9. 9

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  10. 10

    嵐活動休止で次なる独立&解散は「関ジャニ」か「KinKi」か

もっと見る